フクシマミライセキュリティ

ホーム > Q&A > 警備 > 警備の仕事にはどのようなものがありますか?

警備の仕事にはどのようなものがありますか?

警備業法という法律によって大きく4種類に分けらています。

夜間くらしの中の様々な場面で、警備員の姿を見かけると思いますが、警備の仕事は、警備業法という法律で、「警備業務」として大きく次の4つに分けられています。
施設警備業務(ビルや一般住宅、遊園地や駐車場などの施設を警備。「1号業務」といいます。センサーなどを設置して、離れたところで監視する機械警備業務も含みます。)
交通誘導警備業務または雑踏警備業務(工事現場での誘導警備、祭礼や催しものなど大勢の人出がある場所での誘導警備。「2号業務」といいます)
運搬警備業務(現金や貴重品、核燃料等の運搬を警備。「3号業務」といいます)
身辺警備業務(いわゆるボディーガード。携帯型の端末で身辺を見守るサービスなども含みます。「4号業務」といいます)